フロン回収・法定点検業務

フロン回収・法定点検業務のご案内

フロン排出抑制法の施工について

フロン排出抑制法

機器の設置に関する義務
機器の適切な場所への設置
機器の損傷等を防止するため、適切な場所への設置、設置する環境の維持・保全
※振動源を周囲に設置しない、点検・修理のために必要な作業空間を確保する、機器周辺の清掃を行う
機器の使用に関する義務
機器の点検の実施
全ての機器について簡易点検を実施。さらに一定規模以上の機器については、専門的な定期点検を実施
※義務の履行のため、所有・管理する機器のリスト化と点検体制・スケジュール等を検討ください。
漏えい防止措置/未修理の機器への冷媒充塡※の禁止
フロン類の漏えいが見つかった際、修理を実施
修理しないでフロン類を充塡することは原則禁止

※フロン類を充塡する場合、都道府県に登録された第一種フロン類充塡回収業者へ委託する義務があります。
点検等の履歴の保存
機器の点検・整備の履歴について機器毎に記録簿に記録、廃棄までの記録簿の保存
フロン類算定漏えい量の算定・報告
第一種フロン類充塡回収業者から充塡・回収証明書の交付を受け漏えい量を算定
一定量以上漏えいした場合の毎年度の国への報告

※報告された漏えい量は会社名とともに公表されます。
※義務の履行のため、充塡量・回収量の集計体制・スケジュール等を検討ください。
機器の廃棄等に関する義務
機器廃棄時などのフロン類回収※の徹底
不要となったフロン類の回収依頼、「回収依頼書」又は「委託確認書」の交付、フロン類の回収・再生・破壊に必要な費用の負担
※フロン類の回収は、都道府県に登録された第一種フロン類充塡回収業者へ委託する義務があります。

機器の点検の実施について

フロン排出抑制法に基づく機器の点検は、以下の2つの方法があります。

■ 全ての業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器を対象とした簡易点検(製品外観の目視確認など)
■ 一定規模以上の業務用エアコン・冷凍冷蔵機器を対象とした定期点検(専門家による点検)

なお、法に基づく定期点検の対象及び点検頻度は下記の通りです。

機器の圧縮機に用いられる電動機の定格出力 定期点検の頻度
7.5kw以上の冷凍冷蔵機器 1年に1回以上
50kw以上のエアコン 1年に1回以上
7.5kw以上50kw未満のエアコン 3年に1回以上
定期点検対象機器の確認は、冷凍空調機器の室外機などの銘板に記載された、「圧縮機の定格出力」や「電動機出力・圧縮機」、「呼称出力」などで確認できます。不明な場合は、カタログを確認するかメーカーに問い合わせして下さい。

フロン類算定漏えい量の算定・報告について

第一種フロン類充填回収業者から発行される充塡証明書・回収証明書に基づき、下記算式で算定漏えい量を算定すること(事業者単位、事業所単位)が必要です。

フロン類算定漏えい量(CO2-t)
=(充塡量(kg)-機器整備時の回収量(kg))×地球温暖化係数÷1,000

毎年度における算定漏えい量が1,000CO2-t以上となった場合、翌年度の7月末日までに国(事業所管省庁)に報告することが必要です。

罰則

フロン回収料金

【フロン回収料金の内訳】
1. フロン回収のみをご依頼いただいた場合

1 基本料金(回収機のセットアップ費用) ¥17,000(室外機1台分)
2 フロン回収費 1kgあたり ¥1,000
2 フロン破壊費用 1kgあたり ¥1,200
3 交通費(往復) 1kmあたり ¥80
※日・祝日及び時間外作業の場合は、国が定めた追加手当を加算させていただきます。

計算例 ⇒ 室外機2台から合計8kgのフロンを回収した場合
¥17,000×2台+(¥1,000¥1,200)×8kg=¥51,600+交通費(消費税別)

2. エアコンの更新工事及びエアコン修理に伴いフロン回収が必要なときに弊社にすべてお任せいただいた場合、基本料金が¥12,000とお安くなります。
(※フロン回収費、及び破壊費は上記1と同じです)

3. その他、次のようなケースでは基本料金が安くなります。
⇒同じ屋上(もしくは地上)に室外機が3台以上あり、そのすべてからフロンを回収する場合、
1台あたりの基本料金はすべて¥12,000となります。
(※室外機が3台以上でもすべて違う場所に設置されている場合は適用されません。詳細はお問い合わせ下さい。)

※室外機(作業場所)が作業困難な場所に有る場合は別途割増料金が発生します。
※電源は同じフロアに有るものとします。
行程管理票及びフロン類破壊処理完了証明書を提出いたします。(料金に含まれております)

その他、ご不明な点がございましたら是非お問い合わせください。

福島空調システムへのお問い合わせ